コラム

風光る

2021年4月1日

 うららかな春の陽射しの中をそよ風が吹きぬけると、あたり一面がキラキラと光り輝いて見えます。それが「風光る」。春の季語です。まるで風が光そのものであるかのように、春風は光に満ちています。
 
 ―― 日の春のちまたは風の光り哉(暁台)
 
 晴れやかな春の日に賑わう町は、まるで風もきらきらと光って見える。江戸中期の俳人、加藤暁台は、景気の良さを表すような賑やかな街並みに、光輝く春風を感じたのでしょう。

 草木の芽吹きはもちろん、人々のはじける笑顔はいっそう風光明媚です。

 
 長く寒い冬も終わるころ、朝露にぬれた草木の新芽の香りとともに、ほのぼのと夜が明ける朝の光に春の訪れを感じます。
 香りや光をつれて新しい季節の到来を知らせる風。一陣の風は光明でしょうか。風が立つところに何かが生まれる。

 風が輝いて見える日は、窓をあけて深呼吸してみてください。体の中をやわらかな風がすーっと通って、心地よい光に包まれますよ。
(210401 第87回)

  • 作家紹介
  • 美しい日本のことば
  • メッセージ
  • お問い合わせ
このページのトップへ