コラム

玉章

2019年10月24日

―― 秋風に 初雁がねぞ 聞こゆるな 

   たがたまづさを かけてきつらむ

 

 古今和歌集の選者の一人、紀友則の歌です。このときの「たまづさ」が「玉章」。手紙のことです。
 冬を運んでくる雁の声が秋風にのって聞こえてきたことに、思い人の訪れを重ねたのでしょうか。雁は誰の便りをもってきたのかと、待ちわびる紀友則の胸の高鳴りが聞こえてきそうです。
 

 玉章は玉梓とも書き、かつて便りを伝える人が梓の杖を持っていたことから、使者や使いという意味もあるそうです。
 また、種子が結び文のかたちに似ていることで、カラスウリの別名としても知られています。
 たくさんの結び文を抱えたカラスウリも、秋風に聞こえる雁と同じように誰かからの使いだとしたら…。赤く色づいた実が、情熱的な恋文であることを知らせているかのようです。
 

 移ろいゆく季節はもしかすると、生き物たちからの玉章の返事なのかもしれませんね。

 ちなみに、カラスウリの種は打ち出の小槌にも似ているため、財布の中に入れておくとお金が貯まるそうですよ。

(191024 第55回)

  • 作家紹介
  • 美しい日本のことば
  • メッセージ
  • お問い合わせ
このページのトップへ