コラム

泡沫

2019年3月29日

ー ゆく川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。
  よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、

  久しくとどまりたるためしなし。
 
 鴨長明の『方丈記』の冒頭です。世の中を川の流れにたとえ、諸行無常のはかなさを綴っています。

 よどみに浮かぶのが「泡沫」、「うたかた」です。
 
 とうとうと流れる川は途絶えることはないけれど、その川の水は、もとの水と同じではない。川の流れのように、ものごとは時間とともに過ぎ去ってゆく。
 たとえ流れが滞っていようと、ぶくぶくと生まれては消えてゆく泡のように、どんなことも、ずっと同じでありつづけるということはない。
 
 この世はすべて生々流転。今は今でしかなく、過去には過去の、未来には未来の「今」があるだけです。
 今という時間は、まるで泡のように、まばたきひとつで消えてしまいます。
 はかなくも尊い「うたかた」の時間を、大切に過ごしていきたいですね。
(190329 第38回)

  • 作家紹介
  • 美しい日本のことば
  • メッセージ
  • お問い合わせ
このページのトップへ