コラム

いろは

2020年2月6日

「いろは」と言えば、いろはにほへと。手習いの歌として知られる「いろは歌」は有名です。仮名47字、すべての文字を重複することなく網羅させた七五調のこの歌は、平安時代に生まれました。何かを覚えたり、習ったりと、ものごとの初歩の段階を「いろは」とあらわすのは、手習いで最初に書くのがこの三文字だから。基本の基、というわけです。
 

 さらに時代を遡ると、『日本書紀』に実母を「いろは」と記しています。母の古語は「愛(は)し」。産み育ててくれた特別な人を「美しく愛しい人」」として「色愛(いろは)」。これが母の読みになったようです。
 
―― いろはにほへと ちりぬるを わかよたれそ 

   つねならむ うゐのおくやま けふこえて あさきゆめみし ゑひもせず

   (色は匂へど 散りぬるを 我が世誰ぞ 常ならむ 有為の奥山 今日越えて  浅き夢見じ 酔ひもせず)

 

 人はみな「母(いろは)」から生まれ、「いろは」の時期を経へて今があります。

 いろは歌には諸行無常が歌われているそうですが、「いろは」にはむしろ、ものごとのはじめ、〝一より習い十を知り十よりかえるもとのその一〟の稽古の基本、「一円相」など、「いまここ」にあることの歓び、生命の循環を歌っているような気がします。

 

 いろはがなければ、今の自分はない。一瞬、一瞬が新しい。「いろは」という音の響き、やわらかい文字のかたちは、いつでも初心に返れることを思い出させてくれます。

(200206 第66回 画:白隠『一円相』)

  • 作家紹介
  • 美しい日本のことば
  • メッセージ
  • お問い合わせ
このページのトップへ