コラム

柳眉

2020年1月21日

 柳に眉と書いて、「柳眉(りゅうび)」。小筆でさっと描いたような、細くて美しい眉を、昔の人はこう呼びました。
 眉だけではありません。細くてしなやかな腰のことを「柳腰」、長く美しい髪は「柳髪」、細面の美しい顔を「柳顔」と、柳は美人の象徴でもあったのです。
 鏑木清方、上村松園などの美人画にみられる女性たちがそう。ほそっりとしなやかな姿形は、たしかに柳のように映ります。
 このときの柳は、もちろんシダレヤナギ。細長く枝葉を垂らしてゆらゆら風にゆれる様は優美です。

 

 ―― きぬぎぬのうしろ髪ひく柳かな 
   見返れば意見か柳顔をうち

 

 川柳にも歌われている遊郭の門口にある「見返り柳」。名残惜しげに振り返る客に、「遊んでないで早くおかえり」と顔をうつ柳は、もしかすると柳眉を逆立てる妻か、あるいは遊女たちか。
 柳の枝に雪折れはなしと、降り積もる雪にも耐え忍ぶ柳の枝も、がまんの限界はあるのでしょうか。優美にしなやかに生きる柳ですから、怒りすらも風にまかせて受け流してしまうのかもしれませんね。

(200121 第64回  鏑木清方『築地明石町』)

  • 作家紹介
  • 美しい日本のことば
  • メッセージ
  • お問い合わせ
このページのトップへ